ジュリー

今年はジュリーロンドンの「Julie Is Her Name」というアルバムをよく聴いた。

昔からハスキーで低めの女性の声に憧れていて。

お酒とタバコで何度も声をつぶそうとしたなぁ(うそです)

このアルバムは、バックはギターとベースのみでリズムがなく、ゆっくりしたい時におすすめです。


それとハスキーではないけど、美声のジュリーアンドリュース。

大好きなメリーポピンズのサントラがspotifyにあり、うれしくてちょっと踊りました。

最近のではなくオリジナルバージョンの方です。

中でも「Feed the Birds 」は、荒んだ心が洗われるようで毎回ぐっときます。


偶然にもどちらもジュリーでした。

壁際に寝返りうったり、時の過ぎゆくままにこの身をまかせる方のジュリーもすきです。

あっという間に12月。

はやいねー

最新記事

すべて表示

世界中の誰よりただ泣きたくなるの

みぽりんのサブスクが始まっていた。 楽しみにしていたので、うれしくてちょっと踊りました。 「世界中の誰よりきっと」から「ただ泣きたくなるの」この流れはキュンキュンおすすめです。 当時流行ったのは小学生の頃でしょうか(年齢ばれますね。。) どんな時も、その時その時の心情にあった曲を選んで聴ける。 その選択肢が多ければ多いほどいいし、こうして色んな音楽が聴ける事は幸せです。 今はシビアな内容の曲がリリ

モンブランと芋けんぴ

秋になって、家に芋けんぴが常駐している。 ポリポリしながらドラマを見たり、本読んだり、ネットしたり。 秋の夜長を過ごす。 先日、母がふと「必要な時に出会うのよ」と言ってきた。 軽やかで、でも重みがあった。 今はおいしいモンブランが必要だから、早く出会いたいと思っている。 (スーパーカップのモンブラン味は最高です)