給湯器は突然に

帰宅してシャワーに入ると、ん?お湯が出ていない気がした。

でもここんとこほぼ水シャワーで済ませていた私は気にせずにクリアした。

給湯器のリモコンを見ると、やはり電源が入っていない。

ボタンを長押ししたり、連打しても無理だ。ムーリーダー


不動産屋に連絡し、ガス屋さんがきてくれた。

給湯器が天寿を全うされたらしい。急に来るんですよね、と慣れてるようだった。

しかも基盤がなんちゃらで一週間かかると言われ、しばしボーッとした。

スーパー銭湯など検索し、大浴場のみ入れる那覇市内のホテルなどを見つけた。

ちょっと楽しくなってきてワクワクしていた。


しかし次の日、基盤が揃ったと連絡があり修理にきてくれた。

「台風が来る前にやってしまいましょう」と、沖縄の人は台風との共存度が本当に高い。

そして無事にお湯が出たのでした。


水が出る、お湯が出る、電気がつく。

「あたりまえはあたりまえじゃない」という事に、こういう時に毎回気づかされるのです。

やっぱりこっちの方がいいんじゃいないかと様子を見てるオーガスチン。