予定通りにいかないベイビー

更新日:7月21日

ここ2年くらい、ギターの弾き語りアルバムを録ろうとずっと考えきた。

曲もできてきて、あとは録るだけだなという雰囲気だった。

が、またまたProtoolsを触ると打ち込みの楽曲を作っていた。

丸一日かけて一曲ができてきて、するとどんどん録りたい感じが「うにょーっ」と出てきた。

とりあえず今やりたいことを優先して作って行こうと思う。

目指せアルバム。


Protoolsは、3つのスタイルに分けて料金設定もだいぶ変わったらしい。

Protools Studio、Protools Artist、Protools Flex

今まで使っていたのは多分Studioで、オーディオトラックでも512って多すぎるしそんなに使わない。私はArtistで十分。だいぶ安くなって、チャレンジしやすくなってると思う。

ただDTM、DAWは、PCとオーディオインターフェース、ハード機器などの接続で「音が出ない」というところから離れていく人も多い気がする。

私も何度か経験していて、それでも毎回奇跡的に音が出る。

いつ挫折してもおかしくないレベルなのに、よく続いているなーと。不思議に思う。

いつかの声録りの後。

最新記事

すべて表示

ずっと、マスタリングをお願いしていた山本アキヲさんが亡くなったと、今日ツイッターで知った。 ローズレコードからリリースしてもらったyukaDソロ1stアルバムで初めてお願いし、その後もアルバム3枚、シングル2枚を手がけてもらっていた。とても信頼していた。 マスタリングとは、音源の最後のお化粧のようなもので、ばらついた音圧を揃えたり、キュッとして、聴きやすいようにする作業のことです。たぶん。 私のヘ