世界中の誰よりただ泣きたくなるの

最終更新: 2020年12月7日

みぽりんのサブスクが始まっていた。

楽しみにしていたので、うれしくてちょっと踊りました。

「世界中の誰よりきっと」から「ただ泣きたくなるの」この流れはキュンキュンおすすめです。

当時流行ったのは小学生の頃でしょうか(年齢ばれますね。。)


どんな時も、その時その時の心情にあった曲を選んで聴ける。

その選択肢が多ければ多いほどいいし、こうして色んな音楽が聴ける事は幸せです。

今はシビアな内容の曲がリリースされがちで、音楽はいつもその時代を背負ってしまいますが、この曲を聴いてると、「時代に歌わされる」のではなく、時代に流されながらもいい意味で反抗する音楽も必要だなと思ったりもしました。


「世界中の誰よりきっと果てしないその笑顔 ずっと抱きしめていたい季節を越えていつでも」

やっぱりただただシンプルで最高です。

「ただ泣きたくなるの」はサビ後半「忙しいあなたへ〜」でノックアウト、キュン死にです。

最新記事

すべて表示

モンブランと芋けんぴ

秋になって、家に芋けんぴが常駐している。 ポリポリしながらドラマを見たり、本読んだり、ネットしたり。 秋の夜長を過ごす。 先日、母がふと「必要な時に出会うのよ」と言ってきた。 軽やかで、でも重みがあった。 今はおいしいモンブランが必要だから、早く出会いたいと思っている。 (スーパーカップのモンブラン味は最高です)