グランジが聴きたくて

更新日:5月14日

いろんな音楽を聴くけれどある時急にNirvanaが聴きたくなり、それに連なって学生の頃のことを思い出した。


高校生の頃、私は軽音楽部にいた。

オストアンデルのモリつぐみが先にいて、私はたまたま空いてたドラムを叩いていた。

放課後や土日も出てきて演奏していた。一番最初に合わせた曲はGet back。ビートルズ。


親友がある時「ジャケ買いした」と持ってきた「hype!」というCDで何かが変わった。

「なんかめっちゃかっこいい・・・・」

その頃はネットもなく、youtubeもナッシング。家でMTVを見れる友達の情報と雑誌、ラジオが頼り。

何かのサントラだってことしかわからなかった。

後にわかったが、90年代シアトルのグランジブームドキュメントのサントラだった。


その中に、Nirvana、Soundgarden・・といった人たちがいた。他のバンドのことは知らなかったけど、曲がかっこいいという理由でコピーも何曲かやった。

特にみんなFastBacksという女性ボーカルのバンドにハマり、それを演奏した。

あー今でもその血が自分には流れてるんだなーと妙に納得。


高校はなんだか馴染めず1年の時に行かなくなった時期があった。

お腹が弱く休みがちで、みんなと同じようにやれない自分との格闘だった。

進学校で、色々とちゃんと考えている人が多かった気がする。私はのんきでついていけなかった。

それでもバンドがあったから学校に行って卒業できた。バンド最高。


これをジャケ買いした親友最高。




最新記事

すべて表示

ずっと、マスタリングをお願いしていた山本アキヲさんが亡くなったと、今日ツイッターで知った。 ローズレコードからリリースしてもらったyukaDソロ1stアルバムで初めてお願いし、その後もアルバム3枚、シングル2枚を手がけてもらっていた。とても信頼していた。 マスタリングとは、音源の最後のお化粧のようなもので、ばらついた音圧を揃えたり、キュッとして、聴きやすいようにする作業のことです。たぶん。 私のヘ