ガットギターじゃ足りないならタンバリンを叩いてね

という長いタイトルの曲を、yukaDの1stアルバムの特典に作った。な。


ガットちゃんは、バンド解散して東京に行くときにもらったのがきっかけで弾くようになった。

爪弾いたり、ボサ弾きのような弾き方が合ってる気がして、今に至る。

なんせアコギのストロークが似合わないのでちょうどいい。


新しい曲たちはギター一本で録りたくて、でも録るってことはちゃんと弾けないといけないってことでちょこちょこ弾いている。筋トレのようなもので、毎日(ほぼ)弾くことで楽になっていく。

でも弦を変えるのが苦手で今日やっと変えた。サビついていた音から、新人みたいな音に変わってちょっと恥ずかしい。早くなじんで欲しい。



クイーンの「Somebody To Loveの最後、みんなで♪「Fine me somebody to〜love」って歌うところが好きで、たまに口ずさむ今日この頃です。

だだーりお